遊透航路 yusuke kouro

2010/08/09


DSC01917_1

2007年12月、吐く息まで瞬時に凍てつきそうな日、西大門刑務所歴史館に初めて足を運んだ。

日本による占領下に刑務所であった場所に、季節の最も過酷なときに来たかった。

DSC01919

展示物や解説パネルの記述をめぐって議論したい人は、自由にやればいいとおもう。

自分は、ここで何があったのか、どんな声が叫ばれたのか。それらをただ目を瞑って想像する。

手を触れていたら何分とたたずに凍傷になりそうなレンガ、石造りの建物。

そこここにたたずむ音のない闇、窓枠のなかにのみ限られたまばゆいばかりの光。

以降、08、09と毎年真冬に訪れることになる。

DSC01924_1

DSC01925_1

DSC01927

DSC01928_1

DSC01929_1

DSC01930

DSC01931_1

DSC01932_1

DSC01933

DSC01934

DSC01935_1

DSC01936_1

DSC01937

DSC01938

DSC01939

アウシュビッツでも感じたことだが、誤解を恐れずにいえば、収容所ほど美しい場所はないだろう。

光、そして陰影がかくも美しい場所は。

それは、光と影、あるものはそのふたつ、たったそれだけだからだ。

それに、ここにある影、これほどまでに濃い影はどこにもない。だから、あまりにかけ離れたそのコントラストが美しすぎるのだ。

DSC01941

DSC01942_1

DSC01943

DSC01944_1

DSC01946_1

処刑所の裏、遺体搬出のためだけの出口。

DSC01947_1

DSC01948_1

刑務所からの遺体搬出口。

DSC01950_1


DSC01952

DSC01953_1

DSC01955_1

DSC01956_1

市場を歩き、いつもとまったく同じように腹ごしらえをした。

絶品のソルロンタンだった。

はにかみながらもてなしてくれた。

この国を好きだなと思った。

DSC01945


■ソウル「戦争記念館」(1)
http://blog.livedoor.jp/uskteen/archives/1209179.html

■西大門刑務所歴史館 アクセス・解説など(外部サイト)
http://www.seoulnavi.com/miru/24/
(08:30)

more >

Comments

Name
 
 
(URL)

Track Backs

::: Track Back URL